■ED症状がなくなったら処方されない!?

★自力で勃起できるようになってもバイアグラが欲しい。

主人がバイアグラを服用しています。

まだ45才の若さなのですが、何年か前に帯状疱疹をやって、それが治ったころに今度はうつ病を発症してしまいました。

原因は会社での過重労働にあるようですが、会社のことなので私としては何も口出しできません。

バイアグラを飲んだときはとても元気になって、ペニスのほうも硬くなり勃起の時間も、バイアグラを飲んでいなかったころよりずっと長続きしています(笑)。

主人は「うつ病が治ったらバイアグラを飲まなくても勃起できるようになるかな~」、「でもそうなってもお前が飲んだほうがイイと言うなら、バイアグラはつづけたいな」と冗談まじりに言っています。

たとえば主人が言うように、うつ病が治って自力で勃起できるようになったら、バイアグラは処方してもらえないのでしょうか。

女として恥ずかしい質問ではありますが、私は“バイアグラの夫”のほうが好きです。

まだうつ病の完治は先の話でしょうが、バイアグラの処方はどのような基準で決められるのでしょうか。

★バイアグラなどは持病の完治後でも処方してもらえます。

男性の勃起力というのは加齢とともに低下していくものですから、それを止めることはむずかしいですね。

またご主人は、お話しの様子からして、もともと精力があるほうではないようです。

バイアグラなどのED治療薬は、病気が原因の方だけではなくて、加齢によって起こるED症状の方にも処方されます。

もちろんその時点で、バイアグラを飲まなくても性交渉に支障がないと判断されるほどの精力(=勃起したペニスの硬さ×時間)が戻っていれば別ですが~。

加齢によって十分な性交渉ができないと判断されればバイアグラでもレビトラやシアリスでも処方してもらえます。

バイアグラなどのED治療薬は自由診療といって自費で薬をもらいます。

国民の税金を使う保険診療とは違いますから、「バイアグラを継続して欲しい」と言えば、いつもどおりバイアグラを処方してくれると思います。(※バイアグラを処方する

うつ病完治の日を迎えたら、バイアグラを処方してもらっている先生にお話しになってみてください。

大丈夫です。